ワインの引き出し

 

サンジオヴェーゼの特徴とは?
代表的な品種とおすすめ赤ワイン6選

執筆者プロフィール

アシスタントチーフソムリエ 田村 正俊

オーキッドバー を経て、1986年よりソムリエとしてのキャリアをスタート。現在は ラ・ベル・エポック ソムリエ。
長いキャリアを活かし、カクテルやウィスキー等を含めた、広範な提案を行っている。得意分野はドイツワインとフランスワイン全般。

言わずと知れたイタリアを代表するブドウ品種、サンジオヴェーゼ。スミレの香りやあたたかい土の香り、なめらかな口あたりといきいきとした果実味や酸味を特徴とするサンジオヴェーゼは、日本でも人気のブドウ品種です。生産量が多く、お手頃なテーブルワインから大手ワイナリーや有名ワイナリーが力を入れて造る高級ワインまで、様々な味わいを楽しめる魅力を持っています。

サンジオヴェーゼ(サンジョヴェーゼ)とは

サンジオヴェーゼ イメージ画像
サンジオヴェーゼの起源・産地

サンジオヴェーゼはイタリアを代表するポピュラーなブドウ品種であり、最も多く作られている赤ワイン用のブドウ品種です。イタリア・トスカーナ州を中心に作られており、他にもマルケ州やプーリア州、ヴェネト州などと多くのイタリアの州で栽培されています。
サンジオヴェーゼは古くからのトスカーナ固有の土着品種だと思われていましたが、2000年代に行われたDNA鑑定により、トスカーナ南部の土着品種であるチリエジョーロやカンパーニャ州のカラブレーゼ・ディ・モンテヌオヴォなどが自然交配したことで誕生したブドウ品種だということがわかっています。
サンジオヴェーゼは非常に多くのクローンを持っており、DOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノなどで使用されるサンジオヴェーゼ・グロッソ種やサンジオヴェーゼ・ピッコロ種、モレッリーノ、サンジオヴェーゼ・グロッソ種の別名であるプルニョーロ・ジェンティーレなど、80を超えるクローンや別名が存在していると言われています。また、ニエルキオというシノニム(別名)も持っています。
サンジオヴェーゼは果皮が薄く、実が熟す秋に雨の多い地域では腐敗してしまうこともありますが、病気に強く様々な土壌に適応し育つため、栽培しやすいブドウとされています。とりわけトスカーナ州のキアンティのような粘土質や石灰質の土壌に適しています。近年はイタリア系移民が多く住むアメリカやアルゼンチンなどのアメリカ大陸でも栽培されています。

サンジオヴェーゼの特徴

サンジオヴェーゼは単一で醸造すると濃いルビー色になり、酸とタンニンがしっかりとした味わいになります。フレッシュなものはスミレやチェリーといった華やかな香りがあり、熟成すると落ち着いた印象のまろやかでコクのある味わいになります。
長期熟成することが可能なブドウ品種であり、すぐに飲めるものから長期熟成させた高級ワインまで幅広いラインアップとなっています。
トスカーナ州のDOCGキアンティやDOCGキアンティ・クラシコ、DOCモレッリーノ・ディ・スカンサーノ、エミリア・ロマーニャ州のDOCロマーニャ・サンジオヴェーゼなどサンジオヴェーゼを使用したワインは多数あり、特にキアンティなどは世界的によく知られています。またサンジオヴェーゼの亜種と言われているサンジオヴェーゼ・グロッソ種を使用したトスカーナ州のブルネッロ・ディ・モンタルチーノやプルニョーロ・ジェンティーレを使用した同じくトスカーナ州のヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノなども有名です。

サンジオヴェーゼ(サンジョヴェーゼ)の主な品種

ピッコロ種

サンジオヴェーゼには多くの種類がありますが、その中でもサンジオヴェーゼ・ピッコロはトスカーナ州のキアンティ地区で作られています。
ピッコロはイタリア語で「小さな」という意味であり、サンジオヴェーゼ・ピッコロは小粒であることが特徴に挙げられます。サンジオヴェーゼ・ピッコロを使用したキアンティ地区のワインは有名な映画「ローマの休日」で使われたことで、一躍有名になりました。
サンジオヴェーゼ・ピッコロを使用したキアンティは果実味が豊かで飲みやすいワインとして人気があり、太陽をたっぷりと浴びた土の印象や飾り気のない明るい味わいが魅力です。料理にも合わせやすく、日常使いするのにぴったりのワインが多く造られています。
DOCGキアンティではサンジオヴェーゼを70%、DOCGキアンティ・クラシコはサンジオヴェーゼを80%以上使用することが定められています。

グロッソ種(ブルネッロ種)

トスカーナ州のブルネッロ・ディ・モンタルチーノ地区で作られているのがサンジオヴェーゼ・グロッソ(ブルネッロ)です。
サンジオヴェーゼ・グロッソは19世紀中頃にクレメンティ・サンティらにより開発されたブドウで、イタリア語でグロッソは「大きな」という意味を持つように、ピッコロよりも大粒で果皮も厚いのが特徴です。
DOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノはサンジオヴェーゼ・グロッソを100%使用することが定められており、色が濃く力強い味わいのワインになります。スミレや熟したダークチェリー、スパイスなどの濃密で複雑みのある味わいで、イタリアを代表する高級ワインの1つになっています。

おすすめのサンジオヴェーゼ(サンジョヴェーゼ)ワイン

Chianti Classico Mazzei Fonterutoli
キアンティ・クラッシコ マッツェイ フォンテルートリ
  • 産地 : イタリア トスカーナ州
  • 特徴 : ベリー系のアロマが広がり、フレッシュでスパイシーな印象もあり、凝縮されたスムーズな味わいが特徴的です。合わせる料理は、チーズのリゾットや牛肉のカルパッチョなどがおすすめです。
Brunello di Montalcino Sugarine Gaja Pieve Santa Restituta
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ スガリーレイ ガヤ ピエヴェ・サンタ・レスティトゥータ
  • 産地 : イタリア トスカーナ州モンタルチーノ南西部
  • 特徴 : チェリーやイチゴの爽やかな果実味のアロマが広がり、口に含むとスパイスやフレッシュな果実味、しっかりとしたタンニンが美しくおり交ざり、余韻まで長く続きます。バランスが整った上品な味わいに魅了されます。
    合わせる料理は、Tボーンステーキやウサギの赤ワイン煮などがおすすめです。
Le Pergole Torte
レ・ぺルゴーレ・トルテ
  • 産地 : イタリア トスカーナ州
  • 特徴 : チェリーやプラム、コーヒーなどの芳醇で精励されたアロマにほのかなナッツのニュアンスが優雅に口中に広がります。味わい深くリッチで甘い果実に研ぎ澄まされたバランスと酸味とタンニンが優雅で長い余韻のあるワインに仕上がっています。
    合わせる料理は、仔牛のカツレツやサルティンボッカなどがおすすめです。
Brunello di Montalcino Riserva Biondi Santi
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ ビオンディ・サンティ
  • 産地 : イタリア トスカーナ州 モンタルチーノ村
  • 特徴 : なめらかな口当たりと香り高さが魅力的です。甘いタンニンが溶けこんでいて熟度の高い果実味とスイートスパイス、ドライフラワー、なめし皮、熟成したブルゴーニュのピノ・ノワールに相通じる上品でエレガントな味わいです。
    合わせる料理は、鴨胸肉のローストがおすすめです。
Moncaro Marche Sangovese
モンカロ・マルケ・サンジオヴェーゼ
  • 産地 : イタリア マルケ州
  • 特徴 : 輝きのあるルビー色と優しい口当たりに果実味豊かな飲みやすいワインです。
    合わせる料理は、ピッツァが良いです。
Fantini Sangivese Terre di Chieti Farnese
ファンティーニ・サンジオヴェーゼ・テッレ・ディ・キェティ ファルネーゼ
  • 産地 : イタリア アブルッツオ州
  • 特徴 : 濃いガーネットの色調、甘く新鮮な果実やブラックオリーブの香り、果実由来の甘さやフルーティーさがストレートに表現されています。ボリューム感がある味わいのワインです。合わせる料理は、独特な風味が楽しめるペッパーステーキなどがおすすめです。

イタリアを代表する人気ブドウ品種、サンジオヴェーゼ

多くの有名ワインを生み出し続けているトスカーナ地方が誇るイタリアに根付いたブドウ品種サンジオヴェーゼは、イタリアワインの入り口ともなるブドウ品種です。トスカーナを始めイタリア各地で造られるサンジオヴェーゼの味わいを、存分にお楽しみください。

関連の記事

TOP